読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るたろぐ

暗記地理からの解放。

【18歳選挙権】道楽投票のススメ~政治に関心なんか持たなくて良い

↑「はてなブックマーク」でこの記事をバズらせよう!↑

人気記事セレクション

 

参院選が近づいていますね。周知の通り、ほとんどすべての10代にとって選挙権が行使できるはじめての選挙が次の参院選になります。ハタチホヤホヤの私も初めての選挙権を皆さんと一緒に行使することになります。とてもれきしてきですね(他人事)

 

とはいえ、ほとんどの10代はそんなことに関心を持っていないでしょう。総務省は広瀬すずを全面に押し出して10代の政治への関心喚起に躍起になっているみたいですが、あんな白々しいキャンペーンに多感な10代が本気で関心を示すとは思えませんし、むしろ逆張って冷笑を決め込む方が自然な態度のようにも思えます。それでいて、世間には政治家のスキャンダルばかりが溢れかえっていて、政治が若者に何をしてくれるのかもよく分からないというような状況で、どこの10代が政治になんか関心を持つものかと思いますよね。分かります。

 

だから私は同世代の人間として、周りの大人に同調して「投票へ行こう」なんて呼びかけたくてこんな記事を書いている訳ではありませんし、むしろ君が政治不信で凝り固まっているというのなら、投票なんかボイコットして外山恒一の政見放送でも観ている方がずっと有益だと思います。彼の言葉はそこら辺の政治家よりよっぽど重いからね。スクラップアンドスクラップ!

 

世の中全体が政治をタブー視する風潮の中で、時代が時代なだけに突然「政治について考えろ」と無責任な社会から宿題を課されてしまった10代の皆さんを私は不憫に思います。たしかに、意識の高い若者たちはこのことについて極めて真剣に頭をこねくり回していますし、賛否がどうあれ、安保法反対で一致団結したSEALDsのような集団の若者も、政治について尋常じゃないぐらいよく頭を使っていると思います。しかしながら、おおかたの10代の皆さんはそんなことに時間を遣う暇も余裕も無いはずです。それなのに投票へは行けと言われる。これほど面白くない話も無いでしょう。

 

政治が若者にコミットする気も無いのに、若者へ突如として降りかかった「政治について考えろ」「政治に関心を持て」なんて声はこっちから願い下げてしまえば良いと思います。でもそれは、ダイレクトに投票へなんか行かなくて良いという話に繋がるものでもありません。自発的に何らかのインセンティブを見つけて―大人からは反発を食らうかもしれませんが―投票へ行くというのも、なかなか素敵な姿勢なんじゃないでしょうか。その一つとして提案したいのが「道楽投票」です。こんな具合です。難しいことは何もありません。

「俺A候補の当選に賭けるから当たったらメシ奢りな」

 

イギリスでは「選挙賭博」なるギャンブルが横行していると言いますが、そもそもギャンブルも政治もタブー視されるニッポンでこれをやろうなんて言ったら奇怪な目で見られることはまず間違いありません(つーか犯罪です)。だからこそ、次善の策と言うと変な感じがしますが、大人には面白くない顔をさせながらも、いち有権者として権利(だけ)を行使する手段としては「道楽投票」は打ってつけなのです。どうせ政治に関心なんか持てない状況なのですから、選挙でこれぐらい楽しんでやっても良いのではないでしょうか。

 

10代の皆さんが抱く感情として私が一番怖いのは「底の浅い逆張り」なのです。特段の確固たる政治的な信念を持つことには忌避感を持っているにも関わらず、意識高い系やSEALDsや、それこそ大人が政治に対して熱くなっているのを見て冷笑し逆張りを決め込む、そういう姿勢は自分の将来にも社会に対しても何の生産的な結果も残さないのではないかと思うのです。

 

そういう底の浅さを大人になるまで引きずってきた典型が、「野党はだらしない」だの「民主主義は終わった」だのしか言えない、いわゆる「ニヒリズム左翼」のような連中です。彼らは政治的に中立であることを装って(実際にはよほど左に寄っている)、自分たちの立場に近い連中を排撃したりして満足そうに悦に浸っていますが、本当に何の意味があるのだろうと疑問に思ってしまいます。これは左翼だから右翼だからという問題ではなく、意図的か否かはさしおいても、政治的には敵を利するだけのまったく非生産的な態度なのであって、それぐらいなら政治に関心が無い方がよっぽど期待される態度であるのです。

 

中立を装うという行為は政治的に正当化される傾向にありますから、余計に。政治的中立なんて方便でしかないんですよね。彼らに向けられる目線が冷ややかになるのも無理はない。

 

以上の数段落については少々蛇足の感も否めませんが、要するに、10代のうちから政治についてイヤイヤ関心を持つ必要性はどこにもありませんし、選挙なんて道楽程度のものだと思っていれば十分なのです。そうでもしないと投票所へ足を運ぶインセンティブがありませんし、穿った目ばかり政治へ向けるあまり底の浅い逆張りに陥るようなことでは何の生産的な結果も残しません。政治になんか関心を持たなくて良いから、適当に選挙を楽しみませんか。私が伝えたいのはそれだけです。

 

あわせてお読みください

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ

 

広告