読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るたろぐ

暗記地理からの解放。

私大地理攻略法|私大入試の「穴」を短期徹底攻略!

お勉強・大学受験 地理 二次・私大地理対策

↑「はてなブックマーク」でこの記事をバズらせよう!↑

人気記事セレクション

 

このブログを応援する(Amazonギフト券購入ページ:管理人にギフト券を送る)

※生活に困窮しています。1000円ぐらいから送っていただけると嬉しいです。

 

センター試験が終わりました。みなさん調子はどうでしょうか。

 

センターが終われば次は私大入試が待っているということで、今回は私大地理の攻略法を紹介したいと思います。

 

地理は私大入試の「穴」である

もうこれをご覧のみなさんは重々承知のことだと思いますが、地理で受験できる私大・学部はそう多くありません。早慶に至っては早稲田大学教育学部慶應義塾大学商学部の2学部だけです。これは、自然地理や人文地理、さらには経済や時事問題など地理学のカバーする範囲があまりに広すぎるため、それらを満遍なく出題できる教授陣の揃った大学・学部が少ないからです。

 

逆に言えば、地理はそういう科目ですから出題する学部でさえも結構、出題範囲が限られています(センターのように多方面から教授陣を集めて作成するということが出来ないわけですから、ある意味当たり前のことですね)。つまり私大地理は攻略にあまり時間がかからない、私大入試の「穴」と言える科目であるわけです。

 

そういうわけですから、センター試験の地理Bが苦手だという人でも心配ありません。なんならセンター地理と私大地理はまったく別物だと思ってもらっても良いぐらいです。センター地理は断片的な知識を論理的に組み合わせる思考力が大きく幅を利かせるわけですが、私大地理は暗記でゴリ押ししてもなんとかなるわけです(そういった意味では、相当な奇問を出す大学を除けば、満点を取るのはセンター地理より私大地理の方がよっぽど簡単と言っても過言ではありません)。

 

以下、基本的な勉強法を紹介します。

 

基本は過去問 

センターだろうが私大だろうが国公立二次だろうが同じですが、基本は過去問です。過去問を解いてください。特に私大地理は大学・学部によって出題分野が限られてくるため、先に過去問を解いておきあらかじめ出題範囲を把握しておくことが大きなアドバンテージになります。

 

分野別勉強のための参考書

過去問の演習で出題範囲をある程度把握して、弱点となる分野が分かったらZ会の『実力をつける地理100題』の該当範囲を解いてください。

 

 

センターの記事でオススメした参考書もそうなのですが、私が(特に直前期に)オススメする参考書に分量の多いものはありません分量の多い参考書はどうしても参考書偏重主義になってしまい、過去問演習から逃げる口実になってしまいがちです。この参考書に手を付けるにしても、どの大学に受かりたいのか、そこをまずはっきりさせてください。そのための対策に何がベストなのか、改めて言いますが自覚を持って基本は過去問で取り組んでください

 

蛇足っちゃ蛇足ですが、国公立二次しか受けない人はこの参考書は絶対にやらないでください。あくまで単答・短文記述演習が中心の私大用教材です(Z会は「国公立二次にも使える」と謳っていますが…)。国公立二次に必要な論述地理の基本は以下の記事に掲載しています。

 

地名演習にはたつじん先生の「地名リスト」活用を!

地名がダメって人は少なくないと思います。センターでは地名を覚えていなくてもほとんど問題はないのですが(2017年度のセンター地理B本試験で、具体的な地名を知らないと解けない問題は35問中1問でした)、私大地理はリード文で大量の穴埋めを要求してくることが少なくないため、自ずと地名からは逃れられません。そこで活用してほしいのが私の尊敬する鈴木達人先生のHPにある「地名リスト」です。

 

ここからダウンロードできます。ホームページはこちら

 

わずか37ページで早慶MARCHレベルのかなり細かい知識まで簡潔にまとまっているため、非常に使いやすい教材です(しかも無料!)。ホームページには地名部分を空欄にした自習用教材も落ちているため、こちらも活用して地名に強くなってください。

 

私大の問題はかなり短期でも集中して過去問演習をこなせば驚くほど点数が伸びることは往々にしてあります。特に地理ではその傾向が顕著です。努力をすれば結果は付いてきますとにかく過去問やってください

 

広告

小論文の添削指導Check!

英会話対策はこれ1つでOK!Check!

 

「スタディサプリ」まずは2週間無料で体験!

 

あわせてお読みください

 

このブログを応援する(Amazonギフト券購入ページ:管理人にギフト券を送る)

※生活に困窮しています。1000円ぐらいから送っていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 歴史ブログ 地理へ